« 本当に行きたくないの?(10月17日) | トップページ | お揃い(10月19日) »

バイブルスタデイ子どもへのお話(10月18日)

朝起きて今日は何のお話か楽しみ~という娘達gemini

日本人の為のバイブルスタデイ101がある日です。

私が子ども達にお話をするのですが、とっても興味深く毎回楽しみにしてくれているようですear

今日のタイトルは偽預言者に気をつけなさいeyesign01

お父さんやお母さんが初めての場所に行く時、道が分らなくなったらどうするか知っていますか?そう、だれかに教えてもらいます。
「病院はどっちに行ったらいいですか?」とか駅に行く道を教えてください」
とお願いします。でも、ちゃんと道を知っている人に聞かなければだめです。間違った道を教わったら大変ですからね。

capricornus偽預言者バルイエス(使徒13:4~12)

 昔、パウロという先生が、イエス様のことを伝えるために旅行をしました。大きい船に乗ってキプロスという島に行った時のことです。パウロは島の道をあちこち歩き回って、あちらでもこちらでもイエス様のお話をしました。
shadow「イエス様は神様です。私たちの救い主です。みなさん、イエス様を信じましょう。」
大勢の人がパウロの周りに集まってお話を聞きました。

 その島の役人も、イエス様のことを知りたいと思いました。
confident「パウロ先生、私の家に来てお話をして下さい。」
shadow「いいですとも。喜んで行きましょう。」
パウロは役人の家に行きました。

 ところが、その島には偽預言者がいました。偽預言者は悪魔の手下です。役人がイエス様を信じるのを邪魔しにやってきました。パウロはそれをすぐに見破りました。パウロは、偽預言者をにらみつけて言いました。
shadow「悪魔の手下め、どうして邪魔をするのだ。神様のお力によって。おまえは目が見えなくなる。」
偽預言者がdrama「あーっ」と大きな声で叫びました。本当に何も見えなくなってしまったのです。
drama「だ、だれか、手を引いてくれ。何も見えない。」
それを見て、役人はびっくりしました。そして、パウロが伝えているイエス様が本当の神様だということを信じました。

book偽預言者に気をつけなさい(マタイ7:15、Ⅰヨハネ4:1~6)

 イエス様は、「偽預言者に気をつけなさい」とおっしゃいました。偽預言者は、私たちがイエス様を信じるのを邪魔します。でも、どの人が偽預言者か私たちにはわかりません。偽預言者は、とても優しい顔をして、親切そうに近づいてきて、私たちがイエス様から離れるようにだますからです。イエスさまは、「偽預言者は羊のようにおとなしくやってくるけれども、本当はおおかみのように恐ろしいものだから気をつけなさい」とおっしゃったのです。

 偽預言者は、魔術を使ったりして人気を集めます。でも、そんな人を信用してはいけません。
「イエス様は神様です。私たちの救い主です」という人だけが本当の預言者なのです。

confident「神様。間違ったことを教える人についていかないように、私を守ってください。イエス様のお名前によってお祈りします。アーメン。」


|

« 本当に行きたくないの?(10月17日) | トップページ | お揃い(10月19日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/411631/24685914

この記事へのトラックバック一覧です: バイブルスタデイ子どもへのお話(10月18日):

« 本当に行きたくないの?(10月17日) | トップページ | お揃い(10月19日) »