« 春ですね〜(3月15日) | トップページ | プレイデート(3月17日) »

食虫植物(3月16日)

最近、大好きなlovely食虫植物を育てているminorivirgo
19983

子ども達がいない間にこっそり虫を入れてみると・・・

しばらくすると・・・eyesign01閉じてる!!すご〜い!

4〜5日は閉じたまま。

再び開いた時にはすでに虫の姿なし・・・だから、食虫植物っていうのでしょうが、面白い!

ところがすでに死んで動かない虫には閉じる反応全くなし。

今度は子ども達にも見せたい!と思うものの、なかなか餌となる生きた虫が捕まえられないんですよね。こんな時に限って・・・

でも、本来食虫植物は人間に捕まえてもらった虫を食べているわけではないんです。(そりゃそうです)

観察しながらふと、自分の子育ても同じようなことをしてるんじゃないかな?と思ったんです。

本来持っている子どもの能力を親が先回りして芽を摘んでしまっていないだろうかって・・・

食虫植物は虫が入ってくるまでぼ〜っと口を開けて待っているだけでなく、時には大きく開いて虫が近づきやすいように微妙に調節している姿が観察されました。自分の能力を最大限に使う姿に感動happy02

そんな姿を見ていると、虫探しをしていた自分が可笑しくて・・・

でも、横で子ども達が「お母さんだけ、閉じるところを見れたなんてずる〜いannoy」ですってcoldsweats01

さてはて、虫を与えて子ども達に見せるべきか、自然に虫が寄ってくるのを気長に観察すべきか・・・happy02
「あ!!虫がきた〜gemini

|

« 春ですね〜(3月15日) | トップページ | プレイデート(3月17日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春ですね〜(3月15日) | トップページ | プレイデート(3月17日) »