« 鳴門へ(1月7日) | トップページ | なんば・新年会(1月9日) »

鳴門・淡路島(1月8日)

母とhide-tanと私はタクシーでドイツ館と・・・
Img_0990

賀川豊彦記念館cardash
Img_0993

世界の三偉人の中にガンジー・シュバイツアー・賀川豊彦氏が入るそうですconfident
Img_0992

皆さんは賀川豊彦氏の名前をご存知でしょうか?

豊彦の妻ハル(黒木瞳さん出演)の映画『死線を越えて』はご存知ですか?あの映画の脚本は賀川豊彦原作の小説「死線を越えて」を元に執筆されましたpencil

ワシントン大聖堂には豊彦氏の像があり、ロサンゼルスには賀川ストリートがある程、世界で最も有名な方なんですhappy02

恥ずかしながら賀川豊彦氏の名前は知っていましたが・・・どんな方かは知りませんでしたsweat02

『妾の子として生まれ、幼少期に相次いで父母と死別weep、5歳の時徳島の本家に引き取られるも、兄の放蕩により15歳の時に賀川家は破産sweat0216歳の時に受洗shine
神戸のスラムに住み込み、路傍伝道を開始するkaraoke
1914年渡米し、プリンストン大学・プリンストン神学校に学び、1917年に帰国ship
神戸のスラムに戻り、米国留学中の体験から貧困問題を解決する手段として関西労働同盟会を結成memo
牧師、社会運動家、コープこうべ=(日本最大の生協)を設立、生活協同組合運動にも取り組み、日本農民組合を設立paper
戦後は東久邇宮内閣参与や勅選貴族院議員を務め、日本社会党の結成にも参画drama
民間人としてはじめてマッカーサーに会った人物eyeglass
東久邇内閣の後任首相として有力であったらしい
幣原内閣解散後の吉田組閣の難航に伴い総理大臣候補として名の上がった事もある
1947年、翌1948年にはノーベル文学賞の候補book
1954年から1956年の3年連続でノーベル平和賞候補者として推薦されたshine
(Wikipediaより抜粋)

著作
『貧民心理の研究』『死線を越えて』『地殻を破って』『主観経済の原理』『生存競争の哲学』『人格社会主義の本質』『賀川豊彦全集』

とありますが、分かりやすく読みたい方にはこの一冊をお薦めしますbook漫画なので中学生くらいからでも十分分かる内容ですwink是非読んでみて下さい。

劇画 死線を越えて―賀川豊彦がめざした愛と協同の社会Book劇画 死線を越えて―賀川豊彦がめざした愛と協同の社会


著者:大崎 悌造,賀川豊彦献身100年記念事業神戸プロジェクト実行委員会,藤生 ゴオ

販売元:家の光協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

本好きの方にはこちらを是非・・・

復刻版 死線を越えてBook復刻版 死線を越えて


著者:賀川 豊彦

販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

さて、父と子どもたちは渦の道へ行きましたbusdash

一路バスに乗り、神戸へ帰る途中、微妙に潮の渦を見ることが出来ましたcamera
Img_0997

あ!須磨の海岸かな??
Img_1007

それにしてもビックリするくらい沢山の建物ですsweat02
Img_1011_2

明石海峡大橋はベイブリッジにもゴールドゲートブリッジにも負けない立派な橋ですね〜happy01
Img_1013

淡路島から明石方面を見たら・・・こちらもなかなか綺麗ですgood
Img_1014

バスが神戸に着いた後、すぐにレンタカーを借りてもう一度淡路島へrvcardash

一時帰国前に神戸淡路大震災を経験した子どもたちの作文をまとめた本bookを読んだことから、どうしても地震のことが知りたいと言っていたので、北淡 震災記念公園confident
Img_1019

地震で現れた国指定天然記念物・野島断層を、ありのままに保存・展示eyeglass
Img_1023

あぜ道がずれてしまっていますshock
Img_1027

『神戸の壁』は昭和2年頃、神戸市長田区の若松市場の延焼防火壁として建てられ、第二次世界大戦中の神戸大空襲(1945年)に耐え残り、阪神・淡路大震災では周囲の建物が倒壊全焼する中、この壁だけは倒れず、焼けず、その姿をとどめたそうですbearing
Img_1029

その他メモリアルハウスや震災体験館などもありましたconfident

minoriは、メモリアルハウスや体験館ではなく、当時の小学生の子どもたちが書いたリアルな絵や作文がかなりショックだったようですshock

震災からの教訓を学び、防災に対する意識が高まったことはいい学びになりましたconfident

淡路城を見ながら・・・
Img_1031

家へと帰りますcardashん〜綺麗な夕日shine
Img_1034

夕食はじゃ〜ん!あなご一本丸々入った天丼delicious美味しかった〜lovelygood
Img_1036

帰宅後、カリフォルニアで地震があったと知りましたsweat02Palo Altoの辺りは震度4だったとか
・・・今日、地震について学んで来たばかりなので、かなり子どもたちは家大丈夫かな〜と心配していましたcoldsweats01

その後、ハイチでの大地震danger人ごととは思えませんsad

|

« 鳴門へ(1月7日) | トップページ | なんば・新年会(1月9日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳴門へ(1月7日) | トップページ | なんば・新年会(1月9日) »